プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pan'e Sabà

この時期サルディーニャでは、パネサバと呼ばれる伝統菓子が各家庭で作られます。いわゆるケーキ屋さんとかに出回るようなものではなくて、おばあちゃんとかがいる家庭で作られるもので、あまり手に入れることができません。

私のところでもう2年も働いてくれている女の子のお母さんが毎年これを作ると聞いたので、ぜひ一切れ食べさせてちょだいなと話したところ、「サボテンの実をたくさん取ってきてちょうだい。そしたら、すぐにでも作ってあげるよ。」と言ってくれたので、カイトと一緒にサボテンの実を採りに行きました。このお母さんは、このサボテンの実でジャムを作って、それを混ぜ込んだパネサバを作って持って来てくれました!

干しブドウも少し入っていて、ちょっと固い。パーネ(パン)という名がついているだけあって、ケーキのようにフワフワしていない、どっしりとした食感。日持ちもするので、毎朝一切れずつ朝食に頂いています。

時々、サボテンの実の種がカリッと歯にあたるたびに、ちょっと気持ちが和みます。
スポンサーサイト

パスクワの贈り物

ちょっと前の話になりますが・・・




パスクワ(感謝祭)の日曜日は普通、家族で大ランチ・大ディナーをするんだけど、近くに親戚家族のいない私たち。

さらにパスクワもパスクエッタも稼ぎ時なので、もちろんバーもホテルもオープン。

ということで、大ランチも大ディナーも、何のイベントもなかった・・・。


clom3.gif  clom4.gif  clom5.gif



そんな私たちの事情を知っている友達が、ロシアのパスクワ・エッグとチョコレートをプレゼントしてくれた。せめて雰囲気だけでも楽しんでね、という心遣いだった。あと、ドイツからパスクワ・ホリデーに来た友達からも、ドイツのチョコレートをもらった。


CIMG8990.jpg
この卵の中に、ロシアのハチミツが入ってました



パスクワの夜。
うちで働いてくれている女の子のお母さんから、ステキなプレゼントをいただいた!

手作りのクルジョーニスと


CIMG8988.jpg



こちらも手作り、トルテリーニ!

CIMG8985.jpg



クルジョーニスは、中央サルディーニャの伝統パスタで、中はポテトとミントが入っている。
この日の夜に、さっそくトマトソースでいただいた。普通は1人5つも食べればお腹が一杯になるのに、いつも食べ物がのどを通らなくて困っていた私が、なんと10個以上も食べてしまった。 それくらい美味しかった! その後、胃が苦しくて眠れなかったのは言うまでもない。

で、パスクエッタの昼に、またシンプルにトマトソースでトルテリー二をいただいた。
こちらは、リコッタチーズとほうれん草とレモン。結構大ぶりで、これも数個食べただけでお腹が一杯!


clom6.gif  clom1.gif  clom2.gif
 


いいなぁ。こんなパスタが自分で作れちゃうなんて。
私もクルジョーニス、作ってみたいなぁ。
誰かおしえてくれないかなぁ。




ランキングに参加しています。
読み終わったら、ぽちっとクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

カステラが食べたい!

甘いもの大好き。

甘いものを食べるのと、レシピを見るのは大好き。

でも、作るのはどうも・・・ というメンドクサガリヤ&料理オンチな私。

それが先日、もうすぐ日本からヴィラシミウスに遊びに来てくれる友達とのやり取りの中で、どら焼きとか大福とかの話題が出たのがきっかけで、無性に日本のSweetsが食べたくなった。

小豆は手に入らないからあきらめるとしても、「カステラ」とか「ホットケーキ」とか「ショートケーキ」のようなふわふわスポンジ系は自分で何とかできるかも!と、寝ても覚めてもそればっかり考えていた。

それでも、ただただCookpadでレシピを見ながら「食べたいな~」と思っているだけで、自分で作るという行為に及ばずにいたら、ある日とうとう夢にまで見てしまった。

さすがに目が覚めてから1人で笑っちゃった。
ここまできたら、いくらメンドクサガリヤといえども自分で作ってみるしかないよね。


wirewhip.gif



ということで、すでに何日も前に見つけていたレシピで、「しっとりカステラ」作りに挑戦!
お菓子作りなんて、何年ぶりだろう。

奮闘すること約2時間。


CIMG8911.jpg
小麦粉のダマが見える・・・



どうですか?
涙ぐましい奮闘の跡が見えるでしょ?

ところが、「しっとり」のはずがちょっとパサパサに・・・。

イタリアのどの小麦粉が、日本の薄力粉とか強力粉とかに当たるのかが今一わからず、イタリアのトルタ作り用の小麦粉を使ったのがいけなかったのか。それとも、イタリアで主流の温風オーブンだったから、必要以上に乾燥してしまったか。


CIMG8980.jpg
これを使ってみました



冷蔵庫で1週間くらい寝かせるとさらにしっとりとするって書いてあったけど、そんなに待てるはずがない。

もちろんすぐにいただきました。あっという間に完食。

やっぱり、文明堂のカステラの「しっとり・こってり・ふわふわ」には程遠かったけど、まあ、何年ぶりのお菓子作りということを考えると、合格点ではないでしょうか。

もちろんRikiにも有無を言わせず食べさせて、「美味しい」と強制的に言わせました。


measureing_cup.gif



調子に乗っているついでに、次は、同じような材料で作れるバナナ・パウンドケーキに挑戦してみようかなぁ・・・なんて考えている私。

実行の日は、いつになることやら・・・。




ランキングに参加しています。
読み終わったら、ぽちっとクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

カルチョッフィのリゾット

食欲がないので、料理を作るのが億劫でしょうがない。

あんなに好きだったカルチョッフィ(アーティチョーク)も、せっかくRikiが1箱山盛り買ってくれたのに・・・。とうとう1本も料理しないで、まるっと人にあげちゃった。

でもやっぱり、一冬に一度くらいカルチョッフィを食べておかないと、と思い立ったわけ。


pan.gif



実は最近、料理のレパートリーが一つ増えたんだよね。

それは、リゾット

「簡単だよ~」とは聞いていたんだけど、オーストラリアで一度チャレンジしたまま、その後作ることがなかったリゾット。

それが先日、料理人アンジェロと話しているとき、その場の雰囲気で急遽アスパラガスのリゾットを作ることになった。

そしたら、以外においしくできたのだ!
Rikiも気に入ってくれたみたいだったしね。


measureing_cup.gif



それに気をよくした私は、大きなカルチョッフィを土曜日の朝市で4本だけ買ってきて、トゲで久しぶりに指を傷だらけにしながらも、がんばって1人でリゾットを作ってみることにした。

がんばること約1時間。


CIMG8817.jpg



どうですか?
見た目とか色合いとか、アスパラガスのリゾットには劣るんだけど、味は最高。

これから、リゾットレパートリーが増えればいいなあ。
でも、何を入れたらいいか、全くアイディアが浮かばないなぁ。

柄にもなく、料理本でも開いてみるかな。



ランキングに参加しています。
読み終わったら、ぽちっとクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


スキャンピづくし

込み合うバーに私を一人残し、突然「キッチンにいるからね」と宣言をしたRiki。

自分から進んでキッチンに行くということは、イライラが募っている証拠。

キッチンにこもり料理に専念すると、いい気分転換になるそうだよ。
私にとっては、料理をしなくていいわ、おいしいものが食べれるわで、良い事尽くし。

バーのお客さんから、「えびのニオイがする。もうレストランオープンさせたの?」と聞かれるほど、いいにおいがキッチンから上ってくる。


                  
                  pumpkin[1]




ああ・・・お腹がすいたなぁ・・・何ができあがるのかなぁ・・・と待つことすでに2時間! 
午後2時半を回っているじゃないの!


ようやく出来上がったお昼ご飯は、スキャンピづくし!

10 04 19 no6
まだあったのね


そう、このスキャンピ。
1ヶ月ほど前に、ぶち切れたRikiが12Kgもまとめて購入したあれである( →あれ)。


あの・・・昼ごはんですけど。
さらに、あなたと私しかいないんですけど。

「10匹使おうが、一箱使おうが、あんまり変わらないと思って。」

でた。イタリア式どんぶり勘定。
10匹のスキャンピと、一箱3Kgのスキャンピは、ものすごーい違いだと思うんだけど。

ダイエットはまだまだ続いてるんですけど。
こんなにいっぱい作ってどうすんのよ。








ランキングに参加しています。
読み終わったら、応援のクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。