プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60脚のイス到着

とうとうやってきました。
外のグリルレストランに置く60脚のイス。

ヴィラシミウスはここ数日、激しいマエストラーレ(北東の風)が吹き荒れているので、外には保管できない。

と言うことで、シーズン以外は使われることがほとんどないホテルの一室と、その部屋の前の廊下に保管することにした。

10 05 11 no2

味も素っ気もないイスでしょ?
さらに骨組みしかないでしょ。

きれいにコーティングされて即使用可能なイスと、このまっさらなイスでは、1脚につき1ユーロも違わなかった。でもRikiは、ありふれた茶色いイスよりも、「Happy Colour」なイスにしたいというこだわりを持っていた。

そんなわけで、これから色を塗って屋外で使っても大丈夫なようにコーティング剤を塗って、さらに、別に届いた座面を取り付けなくてはならない・・・。はあ~・・・大仕事だよ・・・。

私の心配をよそに、イスが届いたことでもう使命は果たしたかのように大満足のRiki。

いやいや、それでは困るんですよ。
いつ、塗ったり取り付けたりするつもりなんですか。

グリルのオープンは、例年だったらあと1週間後。
今年は天気が悪いのでもう少し先になると思うけど、こんなのんびりモードで本当にイスの色塗り終わるのかなぁ・・・。






ランキングに参加しています。
読み終わったら、応援のクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
スポンサーサイト

忙しくなってきました

なんだか、あっという間に夏がやってきた気分。

あと2週間ほどでシーズン本番って頃になって、ようやくばたばたとし始めた。
もっと早く始めればよかったと、毎年反省する、学習できない私たち・・・。



                  papurica2[1]



この日は、業者が入って、外装の手直しを。

10 05 09 no4

さらに、緑の塀をきれいに刈り込んでもらったり。

10 05 09 no2

ただでさえ散らかったフロアーが、ますます足の踏み場もないほどに。

10 05 09 no3

この日は、仕事の進行状況を見守りながら、一日ばたばたと過ごしたんだけど、その間にもシーズンの間だけ働きたいと言う女の子が、一気に3人も面接に来た。

ヴィラシミウスだけではなく、サルディーニャ中のリゾート地には、夏の間だけガッツリ働いてガッツリお金をためて、さらにビーチライフを楽しみたい人たちがたくさん仕事を探しに来る。

キッチンで働くスタッフは、すでに2シーズン働いてくれている子たちが戻ってきてくれるんだけど、早くフロアースタッフとバースタッフ、そしてホテルのクリーニングをしてくれる人を決めないといけないんだよね。


                  papurica1[1]



すべてが一気に始まったって感じ。

大して忙しいわけではないけど、なんだか頭の中と心がざわざわしてきたよ。







ランキングに参加しています。
読み終わったら、応援のクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

夏の準備

多分今年も、5月の最終金曜日にグリル・レストランをオープンさせる予定。
その準備を、のろのろと進めている私たち。

今は私のバイクとその他資材の保管場所となっている外のスペースが、お客様が食事をするダイニング・フロアーになる。

重い腰を上げて、ここも夏仕様に変えないといけない。

ということで、だいぶ前に買たままほったらかしになっていた、ナマケモノ向けの花を植えてみた。

10 05 08 no2
向こう側が散らかっていますが見ないでください

エントランスの大きな鉢には、ゼラニウムの仲間だと思われるゼラニウムよりも小ぶりの花を。天井からつるす鉢にはコロラータと呼ばれる花を。

どちらも、直射日光に強く、水遣りを忘れてもちょっとやそっとじゃ枯れないという、すばらしい花なのだ!(←ナマケモノ丸出し)

外の雰囲気が、だいぶ明るくなったよ。

あとは、散らばるガラクタを片付けなくては!
先日注文した、外に置く調理用ベンチと冷蔵庫がもうすぐ届いちゃうよ。それに新しいイスも60脚やってくるんだよ。このままでは、納品されても置く場所がないよぉぉぉ。

自分が十分に動き回っているわけではないんだけど、「猫の手も借りたい」と言う気持ちだわ。








ランキングに参加しています。
読み終わったら、応援のクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

Barの模様替え

私がこのホテルに来たのは、2006年の終わり。
初めてこのバーを見たときは、ここは博物館か?と思うほど、色々な ガラクタ 珍品が飾られていて、面白いなぁ~と思っていた。

サメの歯の標本、素潜り漁の矢、ローマン時代の船のアンカー、第二次世界大戦時の携帯用ランプ、ロシアの潜水艦の計器、潜水艦のスクリュー、木製の船の機材、30年前のオーストラリアの海軍の帽子、イタリアの海軍の帽子、ロシア陸軍の帽子、招き猫、オーストラリア生まれのオウム、築地の波除神社の絵馬、イタリア警察の表札、イタリア空軍の表札・・・・全部挙げてたらきりがない。

夏、多くの観光客がバーの中で記念写真を撮っていくのを見ると、Rikiがどれだけ面白いものを集めてきたかがわかる。このバーをオープンさせてから20数年、彼独特のセンスで少しずつ集めては飾ってきたんだろう。私にとっては、今まで見たことのないタイプの、味のある素敵なバーだった。


cofeebeans.gif


そんなRikiが、「バーの照明を変えたいなぁ」とつぶやくようになったのは、2年ほど前からだろうか。Rikiにはものすごいこだわりと情熱があって、それから本当に根気強く執念でランプを探し回った。どうせ変えるならRikiが100%気に入るものを飾りたいと、私も一緒に宝探しのお手伝いをした。

                                 これは去年の夏
10 03 20 no2

こんな感じの明るいバーでした

そしてついこの間、これは!と思えるランプにようやく出会ったのだ!



Ktana2.gif

 



とてもシンプルなんだけど、どこか「オールド・アメリカン・バー」を連想させるランプ。

                      オレンジかホワイトで迷いましたが、
10 03 20 no3
私がオレンジ色を推薦し、採用されました

どうですか?

怪しすぎ?

カウボーイがカウンターでいっぱいやってそうな雰囲気じゃない?




読み終わったら、
いい味出てるよ!の励ましのクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

子どもがよく詰まるので

長いことホテルのレセプション前においてあった、大きなチュニジアのツボ。

夏になると、暑さで頭がおかしくなってしまった子どもがよく詰まる(←え)。
きれいな海ではしゃぎすぎて、そのハイテンションのままうちのバーに来て、よくこのツボに入ってしまう。で、抜けなくなって、大騒ぎになる。

このツボが活躍するのは、この手の頭に星が舞っている子どもが来たときか、行儀の悪い大人がゴミ箱代わりに使うときのみだった。これはこれでちょっと面白かったんだけど、1日に2人連続詰まったときに、さすがに物置に隠すことにした。

それから早半年。冬になって人の出入りもぐっと少なくなってきたら、やっぱりこの大物がいないと入り口がさびしい。何かいい案はないものかと考えていたある日、なんとなく立ち寄ったグリーンセンターでポトスの寄せ植えを発見!さっそくたくさん買ってきて、ツボの上に飾ってみた。

10 02 17a
けっこう素敵でしょ

祝・門番復活。

でもやっぱり、子どもが詰まるイベントも、ちょっとおもしろいよね。ひひひ。




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

テーマ : イタリア - ジャンル : 海外情報

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。