プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙の運転免許書き換え物語 後編

イタリア大使館のアドバイス通り、とにかく行動を起こすことにした。
さっそくRikiに電話をし、Motorizazzioneから返却されてしまった、日本の免許や日本大使館の翻訳書などの書類すべてを、日本に最速で送ってもらう。

10 02 29
東京はイチョウが色づき始めたころでした

やっとイタリアから書類が届いたのは、11月も終わり。すぐにイタリア大使館に出向き、日本の運転免許証のCopia Conforme(オリジナルと同じと認められたコピー)を作ってもらう。1400円。

その足で、アポスティーユ認証をもらいに外務省まで出向いた、らっっ!
「この書類(Copia Conforme)は、日本国内で発行された書類とはみなされないので、これにアポスティーユ認証をつけることはできませんよ。」と言われてしまう。この時点で、「イタリア大使館で作ったコピーだったら、Motorizzazioneも本物の免許と認めてくれると思うデスヨ。」と言う狙いは、見事に狂う・・・。

・・・さすがに、誰も正しいことを教えてくれないことを悟ったのであった。
無駄になるかも知れないけど、ここまできたら意地でもアポスティーユ認証を取ってやろうじゃないか。





外務省の人に、どうすれば日本の運転免許にアポスティーユ認証をつけてもらえるか聞いたら、日比谷か銀座の公証役場に行きなさい、とのこと。

その足ですぐに日比谷の公証役場に出向く。
そこで免許のコピーをつくり、公証人の前でオリジナルと相違ありませんという宣誓書を書くと、これに公証人が「公証人の前で署名したことを認証する」という文書をつけてくる。2500円。都内の公証役場でこれを行えば、外務省まで再び足を運ばなくても、ここで一気にアポスティーユ認証まで行ってくれる。






さあ次は、これを「イタリア大使館のサイトのリストに載っている宣誓翻訳家」を探し出して、イタリア語に訳してもらわなければならない。
宣誓翻訳家は、免許のコピーと、公証人の前でサインした宣誓書と、公証人の認証の3点をイタリア語訳してくれて、それをイタリア大使館まで行って、大使の前で「正しく約しましたよ。」と宣誓し、大使館はきちんと認証しましたよの書類を取ってきてくれる。21700円。痛い出費・・・。




出来上がったのは2週間後。すでに12月。
イタリアに送らなくてはならないのは、無駄になってしまったイタリア大使館発行のCopia Conformeと、アポスティーユ認証。それと、公証人の前で宣誓した免許のコピー、公証人の前でサインした宣誓書、公証人の認証と、その3点のイタリア語訳。これに日本の免許のオリジナルと、Carta d'identitaを同封し、EMS便でイタリアに郵送。

しばらくして、Rikiから届いた書類をすべて再提出したよ、との連絡が入った。
クリスマス直前。この時期イタリアで、こんな事務処理が進むはずがない。
また忍耐の待ち時間。





年も明け、もうすぐイタリアに帰らなければならないという時に、再びRikiから不吉な電話。「コピーの元になってる免許が絶対本物であるって書いてないんだけど、って言われたよ。ハア~(ため息)」

お・・・おい・・・ いい加減にしてくれよぉぉぉ!!

また、日本大使館、イタリア大使館、日本の運転免許センター等々、いろんなところに電話を掛けまくり、私の免許が本物であるって証明するものがほしいんですけど!と訴えるも、「日本では、免許がすでに公式文書ですからねぇ・・・、こんなケースは聞いたことないですねぇ・・・。」といわれるのみ。イタリア大使館からなんて、「コレ以上ワカリマセン。ゴメンナサイ。」と謝られちゃったんだからぁ!

泣いても笑っても、日本でのホリデーはもうおしまい。
日本でやれることはもうない・・・はず。





どんよりとしたままイタリア復帰。

1月も終盤。Permesso di soggiorno(滞在許可書)のオリジナル持ってきてね、の連絡が入る。
その1週間後、「私の日本の免許は、○年○月○日に発行されたものです。」というような旨の宣誓書の提出を求められる。





それから静かに1ヶ月が過ぎ2月も終わり。
あまりにも連絡がないので、こちらから進行状況を聞くために電話をしてみる。

「ああ、今まさに電話しようとしていたところだったんだ。免許できてるよ。取りに来て」、だって。えっ?

祝・イタリアの免許ゲット??





肩透かしを食らったような終わり方。
改めて振り返っても、最後の最後までやられっぱなしだった。
でも、これで長かった戦いも終わり、涙なみだのハッピーエンド。

はぁ~・・・長かった・・・・・





おわり



ちなみに、私の日本の運転免許は、マイクロチップ入りの最新免許。
普通自動車と8tまでの中型車、原付自動車がOK。

で、発行されたイタリアの免許は、PatenteB。
普通自動車と、125ccまでの2輪自動車まで乗れるそうな。





読み終わったら、
えらいっ!よくがんばった!!の温かいクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

涙の運転免許書き換え物語 前編

2009年3月、日本大使館のホームページにある運転免許書き換えの情報を参考に、日本の免許を持ってローマへ行き、翻訳書を作ってもらった。€27。

10 02 28
ついでにローマ観光もしてきました

「大使館発行の翻訳書」でも、イタリアは簡単には受け入れてくれない。
これを、Prefettura(県庁)に持っていって、Autenticazione(大使のサインは本物ですよの証明書)をつけてもらわなくてはならない。出来上がったのは6月。€14.62。

私の場合、Carta d'identita(身分証明書)やらCodice Fiscale(税務番号)やらの取得にもものすごく苦労したので、Certificato Medico(医者の診断書)をもらえるようになるまで相当な時間がかかった。





ようやくそれらの書類がそろって、手続き代行をしてくれる教習所に行ったのはすでに10月。日本の免許、大使館の翻訳、大使のサインは本物ですよの証明書、滞在許可書、Carta d'identita 、パスポート、写真3枚を提出する。そこで、お医者さんに診断書を出してもらう。代行料€90。診断書代€22。印紙代€14.62。

日本の免許は返してもらえず。大使館のサイトに、「イタリア免許が交付されるまでの間、イタリア運転免許の役割を果たす書類が発行される」とあるが、何も発行されなかった。国際免許を持っていたからよかったものの・・・。

ここまで来れば、あとは発行を待つのみ!と、嬉々として日本へ3ヶ月のホリデーへ旅立つのであった。
このあと、さらに大嵐がやって来ようとは露知らず・・・





11月に入ってしばらくして、イタリアのRikiから国際電話が入った。
「日本大使館発行の翻訳書に問題があるんだよね。」
何かというと、翻訳の最後に、”記載されている日本語を正しくイタリア語に訳しましたが、元の日本語の内容には、日本大使館は責任を持ちませんよ”と書いてあるのがいけないとのこと。

すぐにローマの日本大使館に相談の電話を入れたら、「この最後の一文は必ず入るもので、それを取り除くことはできません。この翻訳で免許の書き換えができるとうことはイタリアと日本の両国間の外交上で正式に認められているもです。Motorizzazione(免許センター)に行って、担当官の前で当大使館に電話をしてください。そして、私たちから直接担当官に説明します。こういう古い知識を持ったままの人が未だにいるんですよねぇ。」と言われた。

代行してくれている人にその旨を伝えるがむなしく、数日後すべての書類が送り返されてきた。こういうことだけは、やることが早い。私がサルディーニャ初の日本人ではないだろうにっ! Cagliari(カリアリ・サルディーニャの州都)のMororizzazioneだって、すでに多くの日本人のケースを扱っているはずなのに!当たった担当官によって、運命は大きく変わる・・・。





やむなく、日本にいることだし、日本のイタリア大使館に電話で相談することにした。
「もしワタシだったら、ここのイタリア大使館であなたの日本の免許のCopia Conforme(オリジナルと同じと認められたコピー)を作って、そこにアポスティーユ証明(外務省で出してもらう証明書)をつけて、それをイタリア大使館の宣誓翻訳家に訳してもらい、それをイタリアに持って行くデスネ。」と言われた。

この時点ですでに??? ナニ語デ話シテルンデスカ?状態。でも、この方法で大丈夫!との太鼓判は押してくれない。よかったら試してミテネ~程度のアドバイス。

Rikiからは、「問題の最後の一文を絶対に入れるなっ!」との怒りの指示をうけるも、そんなこと誰にお願いするんだよぉ・・・と、途方にくれたことは言うまでもない。




さてさて、次は怒涛の後半。
先の見えない霧もやがては晴れるぞ!のやさしいクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

運転免許書き換えに苦労してる方への応援歌

今日、イタリアの運転免許がようやく手元に届いた。

おめでとう
自分で自分に、「本当におめでとう!」
そして、「よくがんばったね」って、ほめてあげたい。

2009年3月から約1年続いた長い戦いが、やっと終わった・・・ 
正直、涙が出そうだったよ。

まー大げさな、なんて言わないでね。
本当に、本当に、大変だったんだから
どこにぶつけていいか分からない怒りに、何度涙しそうになったことか。

最後には、ローマの日本大使館から、「こんなケースは,ないですねー。」と言われるし、東京のイタリア大使館からは、「ドウシタライイカ、コレイジョウ、ワカラナイデス。ゴメンナサイ。」と見捨てられてしまったんだから!

こんなに運転免許の書き換えに苦労した人って、いるのかしら。多分いないだろうな。
ってことで、戦いの記録を残しておこうかと思ったわけ。

10 02 25 no22
ママちゃん、やっと終わったよ・・・

免許書き換えに苦労している方、こんなケースもあるんですよ。
それでもちゃんと取得できましたよ。
イタリアで何らかの手続きをするときには、このくらいのことは覚悟してかかりましょうね。
こんなこともあるんだって知ってれば、ちょっとは気が楽になるでしょ?

これはある意味、イタリアのシステムを相手に苦労してる人への応援歌だね。



ちょっと興奮しすぎたので、詳しくは次回から。




ランキングに参加しています。
読み終わったら、おめでとう!のクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

保険証取得に4年・・・

やっと、テッセラサニタリア(Tessera Sanitaria)が届いたよ(涙)。

10 02 18a
ボケボケだけどゆるしてね

4年目にしてやっと・・・(号泣)

私、こんな田舎に住んでて良かったと思った。
そして、Rikiにたくさんの友達がいて、その中に何人もお医者さんがいてくれて、ほんと良かったと思った。

そうじゃなかったら、この4年、保険証なしで生きられなかったもん。
すでに4年もここに住んでるのに、今頃とどくなんて、ありえる?。
もうね、イタリアは何でも時間がかかるから・・・で済むレベルじゃないでしょう。時間かかりすぎ。 

田舎にすんでる利点を生かして、ちょっとした病気にかかったときには、お医者さん友達にパパッと診てもらって処方箋書いてもらったり、顔見知りの調剤師さんにお願いしてもらって、特別に薬を用意してもらったり。都会に住んでたら、普通こうは行かないと思うんだよね。

果たしてほかのイタリアに住む日本人の方も、ここまで苦労されているのかどうか、気になるばかり・・・。




ランキングに参加しています。
読み終わったら、がんばれよのクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

ポストで入籍!?

我が家のRikiといったら、れっきとしたイタリア人である。
それなのに、彼の辞書には「ロマンチック」という文字はないんだろうな。きっと。

なので、バレンタインデーが近づくたびに思い出すのは、甘ーい思い出ではなく、イタリアのシステムに泣いた戦いの日々のこと。まあ、何の戦いかというと、「入籍」にまつわるあれこれ。

実は私たち、イタリアにいながら日本に婚姻届を「郵送」して、入籍したのであった(←え) 
今思えば、そんなミラクルをよくやってのけたものである。

はじめてイタリアに入国したのは観光目的で、3ヶ月滞在したらオーストラリアに戻るつもりだった。それなのに、話せば3日3晩はかかるんじゃないかってくらいの色んな出来事があり、そのままイタリアに滞在し続けることに。でも、長期滞在ビザを取ってるはずもなく、色んな手続きをするための書類を用意していたわけでもない。さらにここはサルディーニャ。さらにさらに、島のはずれの小さな町。1つの書類を取ったりするのも大問題なわけ。

イタリアといえば、日本では短時間でできる各種手続きが、何週間単位、下手したら何ヶ月単位を要してしまうのは周知のこと。不法滞在になる前に何とかできないかと色んなところに問い合わせても、たらいまわしだったり、完全無視だったりと、解決策が全く見えてこない。これがはじめてのイタリア洗礼儀式だったわけ。くぅー。今思い出しても泣けるわ。

とにかく、イタリア方式で悠長に婚姻手続きを進めるわけにはいかない。 泣いてなんていられないのだー!

ん!? じゃあ日本で入籍できないかしら。あれ? もしかしてかなりのヒラメキ??
さっそく市役所に確認したところ、どうもこちらのほうが話が早く進みそう。日本の母に手伝ってもらって(ママちゃん、その節は本当にありがとう)、あれよあれよという間に何とか手続き完了したのであった。

あー、バレンタインが近づくと、ぶつけようのない怒りにコメカミに血管が浮き、母に迷惑を掛けまくって心苦しくなった、そんな思い出がよみがえるわ。

みなさんには、ロマンチックな一日でありますように。

10 02 14
私にはロマンチックに見えないのが残念


にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。