プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙の運転免許書き換え物語 前編

2009年3月、日本大使館のホームページにある運転免許書き換えの情報を参考に、日本の免許を持ってローマへ行き、翻訳書を作ってもらった。€27。

10 02 28
ついでにローマ観光もしてきました

「大使館発行の翻訳書」でも、イタリアは簡単には受け入れてくれない。
これを、Prefettura(県庁)に持っていって、Autenticazione(大使のサインは本物ですよの証明書)をつけてもらわなくてはならない。出来上がったのは6月。€14.62。

私の場合、Carta d'identita(身分証明書)やらCodice Fiscale(税務番号)やらの取得にもものすごく苦労したので、Certificato Medico(医者の診断書)をもらえるようになるまで相当な時間がかかった。





ようやくそれらの書類がそろって、手続き代行をしてくれる教習所に行ったのはすでに10月。日本の免許、大使館の翻訳、大使のサインは本物ですよの証明書、滞在許可書、Carta d'identita 、パスポート、写真3枚を提出する。そこで、お医者さんに診断書を出してもらう。代行料€90。診断書代€22。印紙代€14.62。

日本の免許は返してもらえず。大使館のサイトに、「イタリア免許が交付されるまでの間、イタリア運転免許の役割を果たす書類が発行される」とあるが、何も発行されなかった。国際免許を持っていたからよかったものの・・・。

ここまで来れば、あとは発行を待つのみ!と、嬉々として日本へ3ヶ月のホリデーへ旅立つのであった。
このあと、さらに大嵐がやって来ようとは露知らず・・・





11月に入ってしばらくして、イタリアのRikiから国際電話が入った。
「日本大使館発行の翻訳書に問題があるんだよね。」
何かというと、翻訳の最後に、”記載されている日本語を正しくイタリア語に訳しましたが、元の日本語の内容には、日本大使館は責任を持ちませんよ”と書いてあるのがいけないとのこと。

すぐにローマの日本大使館に相談の電話を入れたら、「この最後の一文は必ず入るもので、それを取り除くことはできません。この翻訳で免許の書き換えができるとうことはイタリアと日本の両国間の外交上で正式に認められているもです。Motorizzazione(免許センター)に行って、担当官の前で当大使館に電話をしてください。そして、私たちから直接担当官に説明します。こういう古い知識を持ったままの人が未だにいるんですよねぇ。」と言われた。

代行してくれている人にその旨を伝えるがむなしく、数日後すべての書類が送り返されてきた。こういうことだけは、やることが早い。私がサルディーニャ初の日本人ではないだろうにっ! Cagliari(カリアリ・サルディーニャの州都)のMororizzazioneだって、すでに多くの日本人のケースを扱っているはずなのに!当たった担当官によって、運命は大きく変わる・・・。





やむなく、日本にいることだし、日本のイタリア大使館に電話で相談することにした。
「もしワタシだったら、ここのイタリア大使館であなたの日本の免許のCopia Conforme(オリジナルと同じと認められたコピー)を作って、そこにアポスティーユ証明(外務省で出してもらう証明書)をつけて、それをイタリア大使館の宣誓翻訳家に訳してもらい、それをイタリアに持って行くデスネ。」と言われた。

この時点ですでに??? ナニ語デ話シテルンデスカ?状態。でも、この方法で大丈夫!との太鼓判は押してくれない。よかったら試してミテネ~程度のアドバイス。

Rikiからは、「問題の最後の一文を絶対に入れるなっ!」との怒りの指示をうけるも、そんなこと誰にお願いするんだよぉ・・・と、途方にくれたことは言うまでもない。




さてさて、次は怒涛の後半。
先の見えない霧もやがては晴れるぞ!のやさしいクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。