プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またもや血液検査

2011年3月28日 27週0日目



やっと行って来ましたよ。
いわく付きの血液検査に。

この日の検査は、Curvaという血糖を調べるもので、全工程2時間もかかる。朝7時半に受付に行って、8時から検査を開始しなくてはならなかったので、ヴィラシミウスからの出発時間は、6時半。

さらにタイミング悪いことに、前日から夏時間に変わったばかりで、時計の針を1時間進めたばかりだったので、今日の6時半は、昨日までは5時半だったのだ・・・。

早い・・・早すぎる・・・。

さらにさらに、タイミング悪いことに、昨日の夜、Rikiの大親友アンジェロの家でディナーをご馳走になり、その際、奥さんお手製のゼッポラ(zeppola)という、カーニバルの時期によく食される揚げドーナツを、4つも食べちゃったんだよね。

そしたら、消化不良を起こして一晩中胃が焼けるようにむかついて、目覚ましの鳴る30分前に、とうとう我慢できずにもどしてしまった・・・。

もちろん、私がバスルームでバタバタしているからRikiも目を覚ましてしまい、もう一度寝に入ることもできずに、すっごい不機嫌に・・・。

そんなこんなで、2人してやつれた顔をしてVillasimiusを出発したのであった・・・。

ビラシミウスの隣町からカリアリまで開通した新しい道を通ることしにた。海岸線のクネクネ道を行くより、早いし車酔いはしないしで、快適快適。Rikiにとっては、この道を通るのはこの日が始めて。でも、通りなれた海岸線の道の方が、景色がいいから好きだなぁ~って言ってた。


          gab5[1]



無事、道に迷わずに目的地に到着。
時間内に受付を済ませ、いざ検査開始。

まず普通に採血。

そのすぐ後に、コップ2杯分のオレンジ色の甘いシロップを飲まされる。
これが、あまーい!
2杯目はさすがにのどを通らなくなって、飲み干すのに結構手間取ってしまった・・・。

「今からきっかり1時間後にまた採血するから、ここに戻ってきてね。」とだけ言われただけだったので、時間をつぶすために、Rikiとまだ朝早い街中をぶらぶら歩き始めた。でも、お店は全部閉まってるし、すぐ飽きてしまって、車まで戻ってそこで休むことにした。

車の中で一寝入りしようとしたとたん、吐き気が襲ってきた。昨日のゼッポラのせいだ・・・とやりきれない思いで、吐き気と再度戦うことに。


          gab2[1]



何とか1時間やり過ごして、また採血室に戻ったら、採血の人が「あなたたちが歩いていくのを窓から見たよ! 運動しちゃうと血中の糖を消費しちゃって、検査結果に違いが生じちゃうから、じっとしてなきゃダメなのに! 」といきなり怒られた。

朝から不機嫌なRikiは、「こんな検査初めてだから知らなかったよ。最初に言ってくれればいいのに!」と反論。その横でオエッってしている私を見て、採血の人が「ほら。あのシロップの後は吐き気を催す人がいるから、じっとしてなくちゃいけなかったのに・・・。」と追い討ちをかける・・・。

ほんと、最初に言ってよね・・・。

ブルーな気分なまま、2度目の採血。

「今度は動きまわらないで、またきっかり1時間後に戻ってきてね。最後の採血するからね。」

・・・・・さすがに、込み合う待合室にとどまる気にはなれず、車に戻った。Rikiは近くのバーにコーヒーを飲みに行ったり、タバコを吸ったり。私は、まだまだ続く吐き気と戦いながらも、何とか眠ろうとがんばった。



          gab3[1]



で、さらに1時間後。時間はすでに10時を過ぎていた。

再度、採血室に入ったら、「はい。あなたは甘いのが好きみたいだから、最後にもう一杯シロップを飲もうね。」とまじめな顔をして言う、採血のおじさん。

「えええっ! 採血だけじゃないの? またあの甘いの飲むの?」とあわてる私を見て、おじさんはニコリともせずに「採血だけだよ。」とサラッと・・・・・。

あ・・・あの・・・・笑えないんですけど・・・・・。

そして、3度目の採血。

「はい、終了。思う存分散歩してきていいよ。走ってきたっていいよ。」と、またあのおじさん。「どうもありがとうございました。」というのが必死で、私の顔はきっと引きつっていたと思う。



     clom4.gif   clom5.gif   clom6.gif



いや~。検査自体は時間がかかるだけで、きっとそれほど大変なものじゃなかったんだろうけど、前日からのナンダカンダと、検査中のナンダカンダで、どっと疲れが・・・。

待ち時間の間に、5杯もコーヒーを飲んでしまったRiki。大量のカフェインのせいか、運転がアグレッシブに。あとで、どっと疲れが来るよ。





・・・はあ。とにかく大変だったよ。






でもね、せっかくカリアリに来たんだから、、ちょっとだけショッピングしたいんだよね。

アグレッシブに突き進むRikiをどう説得するか・・・。





ランキングに参加しています。
読み終わったら、ぽちっとクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村




| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。