プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rikiとベイビー・ショッピング

血液検査のあと。
ちょっとした仕事の用事を済ませて、Rikiは帰る気満々。

私もくたくただったけど、どうしても今回手に入れておきたい物があったのだ。



gab2[1]




先日、3歳になる男の子のママが、Chicco(キッコ)のTrio(トリオ)という Navicella(ナビチェッラ)と Seggiolino(セッジョリーノ)と パッセジーノ(Passeggino) の3点セットになっている、いわゆるベビーカーを貸してくれた。

このNavicellaに使うマットレスと枕、そして、掛け布団というかブランケットを買いたかった。

Navicella とは、まだ首の座らない赤ちゃんを寝せておくものらしい。イタリアでは、始めの3ヶ月は夜もこの中に寝せるらしい。ママの子宮から出てきたばかりの赤ちゃんは、こういうちょっと狭いところで寝たほうが安心するんだって。生まれたらすぐにベビーベッドに寝せるものと思っていたので、Navicella 用のマットやシーツなどが必要だとは思っていなかった。そんな長時間この中で過ごすなら、ちゃんとしたマットやらシーツや掛け布団を用意してあげたいと思ったわけ。

この Navicella も Seggiolino も、ベビーカーから取り外して、赤ちゃんを寝せたままもち運べるし、車に装着も可能な優れもの。

いいものをお借りしました。



gab5[1]




もう帰りたくて帰りたくてしょうがないRikiを無理やり説き伏せて、血液検査したところのすぐ近くにある Le Vele というショッピングセンターへ。

その中にある Chicco のお店へ。
無事そこで、マットレストと枕のセット、そして、ボツボツ穴が開いていて寝返りをうっても窒息しない枕も別に購入。あと、病院から家に戻るときに使う、真っ白のコットンの帽子も購入。

すぐそばの、Bimbus というお店で、Navicella に使う、Copertina (コペルティーナ)というブランケットみたいなものと、お風呂上りに使う、Accappatoio (アカッパトイオ)という真四角のバスタオル地の赤ちゃん用バスローブを購入。

赤ちゃんのオシメ替えの時に使う、マットも購入。



CIMG8801.jpg





ここまでが限界。
お昼ごはん代わりに、ビールと切り売りピザを与えるも、Rikiはもう恐ろしいくらい不機嫌で復活不能。

カリアリに住むお友達にも、ちょこっと会いたかったのに。
本日の私の希望は、3分の1も通らなかった。




ああ・・・ 一番大切なのは、血液検査だったわね。
朝早くから付き合ってくれたRikiに感謝しなくちゃいけないんだった・・・。

・・・・・しなくちゃいけないんだけど・・・・・。

むむむ・・・。





ランキングに参加しています。
読み終わったら、ぽちっとクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。