プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルチョッフィ つめ放題って

毎週土曜日は、青空市。
取れたてほやほやのまだ土がついているような新鮮野菜が手に入るので、これといって買わなきゃいけない物もないけど、とりあえず今日も見に行ってみる。

さっそく目に入ったのが、カルチョッフィ(アーティチョーク)。

カルチョッフィって、あまり日本じゃメジャーな食べ物じゃないでしょ? 実際私も、オーストラリアでRikiに出会うまで、1度しか口にしたことがなかった。

思えばかれこれ25年くらい前。母が興味本位で買ってきた1本のカルチョッフィを、あーしたらおいしいんじゃないかとか、こー料理してみようとか、長々家族会議を開き、結局塩茹でにしたっけ。で、1枚ずつ葉をはがして、下の歯で葉肉をしごいて食べた懐かしい思い出がある。

ここサルディーニャは、いたるところにカルチョッフィ畑が広がっていて、冬といえばトラックに山積みで売りに来るほど。でも、去年の10月から3ヶ月も日本に帰っていたので、この冬はまだ生カルチョッフィを口にしていなかった!

で、見つけたのが、カルチョッフィつめ放題で10ユーロ。「つめ放題」とか言うフレーズに弱い私。

さー挑戦してやろうじゃないかと張り切っておじさんからビニール袋を受け取った。
・・・・・って。カルチョッフィって、トゲだらけなのに! こんなビニール袋じゃすぐ破けちゃうじゃないのっ! まんまとおじさんの罠にはまってしまった私・・・。私のほかにも3人ほどのおばちゃんが罠にはまって「マンマ・ミーア!」とか言って大笑いしていたので、ちょっと救われた。

でもね、新鮮カルチョッフィを意地で25本ほど手に入れたよー。
これで10ユーロだったら安いでしょ?

10 02 13 calcioffi
この時点で、すでに指先キズだらけ

これから、とげとげの葉と格闘してどんどん丸裸にしてやるぞー! 今日の夜はカルチョッフィのサラダに決定。これが一番シンプルで、素材の渋みを味わえるので好き。

指先もアーティチョークもアクで黒くなるから、たっぷり絞ったレモン汁につけながらやるんだけど、トゲで指先は傷だらけ。しみるのなんのって。

おいしいものを食べるためには、苦労が付き物ね・・・。




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

<< ポストで入籍!? | ホーム | ここにもマフィア!? >>


コメント

お久しぶり♪

カルチョフィ、おいしい季節ですね☆
我が家も週に多い時は数回食卓に並びますが、確かに私も旦那さんに出会うまでは食文化になかったもののひとつです。

私はカルチョフィむくときにはゴム手袋をしてやってます、皿洗うやつじゃなくて透明の手術用みたいなやつ。
結構やりやすいし、手が傷つかないので重宝しています。おためしあれ~♪

私はオイルに漬けてあるのしか食べたことないけど、好きです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。