プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊水検査

2011年1月12日 16週2日目 5ヶ月目



羊水検査を受けてきた。

今、39歳。
赤ちゃんが生まれるのは、ぎりぎり39歳のうちなんだけど、その後1カ月もしないで40歳になる私。

そう。超 高齢出産
さらに 初産 なんですよ。

もうね、自分が異常に神経質になってるのがわかるの。
だってね、染色体異常の発生って、母体の老化(卵子の老化)によるらしい。Rikiは私よりだいぶ年上だけど、精子の老化はあまり関係ないんだって。

出生前検査については、賛否両論いろいろな意見があるのは知っているけど、私はRikiと話し合って羊水検査を受けることにした。







いよいよその当日。
結構怖かったのよ。

だってね、その検査による流産のリスクが0.3%ほどあるそう。それでも私の年齢では、母体の年齢によって上昇する染色体異常の発生率にのほうが圧倒的に高い。だから、「お願い、無事に検査終わってね!」って祈りながら病院へ。







まずは血液検査。そして、診察台で子宮口の状態を確認。これが痛かった・・・。

両方とも問題なかったので、いよいよ羊水を抜くのだ。

ベッドの上でお腹をペローンとだして、超音波で子宮の様子を見て赤ちゃんの位置などを確認し、針を刺すところを探してマジックでペケマークを付けられた。そして、胸の下からお腹の下の方まで、広範囲に消毒液できれいきれいに。真ん中に穴のあいた布をお腹に乗せられて・・・

その後は、視界を遮られて注射器とか針を刺すところとか見えなかったんだよね。

子宮まで針を刺すんだから、麻酔をすると思いこんでいた私。
超音波で確認しながら、「初めだけちょっとチクッとしますよ~。」と先生。 いよいよ麻酔か・・・結構長く麻酔するんだな・・・と思ったら、「はい、終わりです。」・・・えええっ!? もう終わったの? 

先生の手には、黄色い透明な液体の入った注射器が! 
羊水って、ちょうど怪我したときに出てくる組織液みたいな色してるんだね。

20mlって、結構な量だったよ。







その後、2時間ほどベッドで安静に。
その後、ジェルをつけた小さな機械をお腹につけて、赤ちゃんの心音を確認。お母さんも赤ちゃんも大丈夫そうなので帰宅していいですよ、と言われ、ここでようやくホッと一安心。

いやぁ~。
疲れた。かなり緊張してたんだね。

イタリアでは、35歳以上の妊婦さんは羊水検査も無料で受けられるらしいけど、日本で受けたので約10万円かかりました。







結果が出るのは2週間後。
無事に問題のない結果が出ますように。







ぽちっとヒト押しして下さいな

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
イタリアにもどるまで写真が載せられないの・・・






スポンサーサイト

<< 10年ぶりの雪 | ホーム | 妊娠の予感 >>


コメント

いやー!

久しぶりにmixi開けたら、おめでたい話じゃないですか!
良かったね~!
きっとRikiもじわ~んと幸せかみしめてると思いますよ!

羊水検査の結果何でもないと良いですね。
確か、Rikiは私と同い年でしたよね?

なんだか、羨ましいな~!

私がRikiと競ってどうするのってはなしですが、、、、!

大切に育んでくださいね。

ちーちゃん さま

ほんと、お久しぶりです!
そうなんですよ~。私もやっとママになります。

ちーちゃんとRikiって、同い年なの?
Rikiはこれからやっとパパですよ(苦笑)。

おぼつかない新米ママパパになると思いますけど、
ベテランママ、助けてくださいね!

お疲れ様

そうなんだよね、日本で羊水検査受けるとすっごく高いんだよね。イタリアは無料なんだ。
オースも有料でやっぱりいい値段してたはず。私は2人とも羊水検査はせず、ダウン症の検査だけだった。
羊水検査って性別も分かるんだよね。調べる予定?
結果が出るまでの2週間はドキドキだね~。

ゆんこ さま

あのね~、染色体からもちろん性別もわかるんだけど、それは教えませんよって同意書に書かれてたよ。残念。

じゃあ、ゆんこさんは血液検査だけしたのかな? 
羊水検査だと、ダウン症かもしれない確立だけではなくて、はっきりとダウン症かそうじゃないかがわかるらしいよ。あと、何種類かの染色体異常による障害だけ。この検査でも赤ちゃんの色々な障害全体の2割ほどしか発見できないって聞いたから、この検査でOKもらっても100%安心じゃないんだよね。

けちねぇ

性別教えてくれないんだ?けちねぇ~。性別分かって中絶する人がいるからかな?

こちらではダウン症の検査は血液検査による確率検査とエコーで胎児の首の後ろの液体をみるの。この液体が多いとダウン症である可能性が非常に高いらしい。まあどちらも羊水検査程100%ではないけどね。
日本ではこのダウン症かどうかを見るエコーでの検査をやってるところはないって聞いたわ。

そうなんだよね、羊水検査だけでは障害のすべてを調べる
ことはできないんだよね。そういうのもあってうちは羊水検査はせず、成り行きに任せたのよね。

ゆんこ さま

そうなの。
性別で中絶する人がいるかららしいって聞いたよ。

元気に生まれてくれれば、男の子でも女の子でもいいんだけど、心配性の私としては、受けられる検査は全部受けたいんだよね。だからと言って、安心できるわけじゃないけど、ただ待ってることができない・・・。

祈るしかないわね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。