プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

back to イタリア

2月12日、土曜日。
前日からの雪で、空港までの交通機関が麻痺しないかひやひやしながらも、何とか無事に妹ちゃんに空港まで送ってもらった。なぜか涙のさようなら。空港で久しぶりに泣いてしまった。・・・私も歳をとったのね。

ママちゃん、パパちゃん、妹ちゃん。
長々と3ヶ月以上もゆっくりさせてもらって、どうもありがとう!
つわりでつらい時期を実家でママちゃんの料理を食べながら過ごせたのは本当によかったよ。






飛行機の中では、なかなか体を伸ばすことができなくて、お腹が痛くなったり、胃がむかむかしたりして、いつにもましてハードな旅となった。それでも何とか約23時間の旅を終え、久しぶりに帰ってきたサルディーニャ。そのせいか、久しぶりにRikiの顔を見たときには、やっぱりなんだかジーンと来るものがあって・・・。これもまた、私も歳を取ったなぁ・・・としみじみ感じたのであった。






空港のあるカリアリ(Cagliari)からヴィラシミウスまで、約1時間の海岸線を通る道はクネクネしていて、もう吐く寸前の拷問状態。やっとホテルに着いたときには立っているのもやっとの状態で、日本のパパちゃんママちゃんに無事到着の連絡を入れるのが精一杯。久しぶりの再会をRikiと語り合う余裕もなく、ベッドに直行。

パパちゃん、ママちゃん、妹ちゃんから遠く離れるのはすごいさびしくて心細かったけど、Rikiがバタバタと掃除をして、シーツを替えてくれたと思われるベッドに入ったら、その彼の姿を想像してなんとなく心温まるものがあって、ホッとした。

3ヶ月以上もほったらかしにしてごめんね。

Riki、ありがとね。








読み終わったら、
ぽちっとクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ









スポンサーサイト

<< イタリア到着翌日 | ホーム | ママちゃんからチビちゃんへ >>


コメント

お疲れ様

妊娠すると感情的になるから、涙腺が緩みやすいんだよー。
私の場合子供産んでからも涙腺がゆるんだまんま!

日本へ里帰りするたびに、母との別れでうるうる、旦那のとの再開で(なぜか)うるうる。泣きたくないのに涙が出てきて困る。

ゆんこ さま

そうなんだ!妊娠すると怒りっぽくなるとか無性に泣きたくなるとか耳にするけど、ちょっと自分には当てはまらないんじゃないかな~なんて思ってたのに!赤ちゃんが生まれてからも涙もろいままなの? ちょっと困るわ。私も帰国の度に泣いちゃうのかしら。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。