プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カステラが食べたい!

甘いもの大好き。

甘いものを食べるのと、レシピを見るのは大好き。

でも、作るのはどうも・・・ というメンドクサガリヤ&料理オンチな私。

それが先日、もうすぐ日本からヴィラシミウスに遊びに来てくれる友達とのやり取りの中で、どら焼きとか大福とかの話題が出たのがきっかけで、無性に日本のSweetsが食べたくなった。

小豆は手に入らないからあきらめるとしても、「カステラ」とか「ホットケーキ」とか「ショートケーキ」のようなふわふわスポンジ系は自分で何とかできるかも!と、寝ても覚めてもそればっかり考えていた。

それでも、ただただCookpadでレシピを見ながら「食べたいな~」と思っているだけで、自分で作るという行為に及ばずにいたら、ある日とうとう夢にまで見てしまった。

さすがに目が覚めてから1人で笑っちゃった。
ここまできたら、いくらメンドクサガリヤといえども自分で作ってみるしかないよね。


wirewhip.gif



ということで、すでに何日も前に見つけていたレシピで、「しっとりカステラ」作りに挑戦!
お菓子作りなんて、何年ぶりだろう。

奮闘すること約2時間。


CIMG8911.jpg
小麦粉のダマが見える・・・



どうですか?
涙ぐましい奮闘の跡が見えるでしょ?

ところが、「しっとり」のはずがちょっとパサパサに・・・。

イタリアのどの小麦粉が、日本の薄力粉とか強力粉とかに当たるのかが今一わからず、イタリアのトルタ作り用の小麦粉を使ったのがいけなかったのか。それとも、イタリアで主流の温風オーブンだったから、必要以上に乾燥してしまったか。


CIMG8980.jpg
これを使ってみました



冷蔵庫で1週間くらい寝かせるとさらにしっとりとするって書いてあったけど、そんなに待てるはずがない。

もちろんすぐにいただきました。あっという間に完食。

やっぱり、文明堂のカステラの「しっとり・こってり・ふわふわ」には程遠かったけど、まあ、何年ぶりのお菓子作りということを考えると、合格点ではないでしょうか。

もちろんRikiにも有無を言わせず食べさせて、「美味しい」と強制的に言わせました。


measureing_cup.gif



調子に乗っているついでに、次は、同じような材料で作れるバナナ・パウンドケーキに挑戦してみようかなぁ・・・なんて考えている私。

実行の日は、いつになることやら・・・。




ランキングに参加しています。
読み終わったら、ぽちっとクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

<< カリアリのイタロ・ジャポネーゼ | ホーム | パパもびっくり >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。