プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスクワの贈り物

ちょっと前の話になりますが・・・




パスクワ(感謝祭)の日曜日は普通、家族で大ランチ・大ディナーをするんだけど、近くに親戚家族のいない私たち。

さらにパスクワもパスクエッタも稼ぎ時なので、もちろんバーもホテルもオープン。

ということで、大ランチも大ディナーも、何のイベントもなかった・・・。


clom3.gif  clom4.gif  clom5.gif



そんな私たちの事情を知っている友達が、ロシアのパスクワ・エッグとチョコレートをプレゼントしてくれた。せめて雰囲気だけでも楽しんでね、という心遣いだった。あと、ドイツからパスクワ・ホリデーに来た友達からも、ドイツのチョコレートをもらった。


CIMG8990.jpg
この卵の中に、ロシアのハチミツが入ってました



パスクワの夜。
うちで働いてくれている女の子のお母さんから、ステキなプレゼントをいただいた!

手作りのクルジョーニスと


CIMG8988.jpg



こちらも手作り、トルテリーニ!

CIMG8985.jpg



クルジョーニスは、中央サルディーニャの伝統パスタで、中はポテトとミントが入っている。
この日の夜に、さっそくトマトソースでいただいた。普通は1人5つも食べればお腹が一杯になるのに、いつも食べ物がのどを通らなくて困っていた私が、なんと10個以上も食べてしまった。 それくらい美味しかった! その後、胃が苦しくて眠れなかったのは言うまでもない。

で、パスクエッタの昼に、またシンプルにトマトソースでトルテリー二をいただいた。
こちらは、リコッタチーズとほうれん草とレモン。結構大ぶりで、これも数個食べただけでお腹が一杯!


clom6.gif  clom1.gif  clom2.gif
 


いいなぁ。こんなパスタが自分で作れちゃうなんて。
私もクルジョーニス、作ってみたいなぁ。
誰かおしえてくれないかなぁ。




ランキングに参加しています。
読み終わったら、ぽちっとクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

<< うれしい言葉 | ホーム | カリアリのイタロ・ジャポネーゼ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。