プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4 Japanese girls in Villasimius !

こんなサルディーニャの僻地に、日本からSちゃんとその仕事仲間の、合計4人が遊びに来てくれた!

私がまだ20代前半のペーペー社員だった頃、Sちゃんは大学生のバイトで入ってきて、その頃からのお友達。みんなステキな「女性」なんだけど、どうしても「女の子」と言ってしまいたくなるほど、若々しくてはつらつしている。しっかりしたキャリアを持って、仕事も人生も十分楽しんでます!っていう華やかな雰囲気があふれ出ている。

・・・う・・・うらやましい・・・。

Sちゃんとは、今年のお正月明けに日本で会ったばかりなのに、もっと長いこと会ってなかったような気がする。

彼女たちの滞在はたった2泊3日。雨は降らなかったけど、曇りだったり風が強かったりで、ヴィラシミウス最大の魅力のビーチを堪能してもらうことができなかったのが残念だった。

さらに、もっと残念だったのが、1ヶ月も前からオーガナイズしていたコブタの丸焼きディナーが実現されなかったこと!

本当に、彼女たちがサルディーニャ旅行を計画し始めた時からすぐに、レストランを経営するお友達のミケーレに、日曜日の夜8時からサルディーニャの郷土料理100%のディナーをお願いしていた。彼も張り切ってコブタをオーダーしたり、メニューを考えたりしてくれていたのに。2日前の金曜日に「あさっての8時に日本からのゲストがレストランに行くから、ディナーよろしくね。」と念を押したのに!

当日午後に再度確認の電話をしたら、「ええっ!今日? 何で昨日念を押してくれなかったの? もうコブタの丸焼きする時間がないよ。今日は無理。明日にできない?」

・・・・・は? このおじさんは何を言ってるんだ? 一瞬、何がどのようにして話がおかしくなったのか全く理解ができないくらいだった。とにかく、ミケーレは100%イタリア人だったって事であきらめるしかなかったんだけど、もう、せっかく楽しみにしていた彼女たちに申し訳なくて申し訳なくて。


usagi12.gif



実は、Sちゃんはステキなお土産を持ってきてくれたのだ!


CIMG9036.jpg



私がリクエストしたモップスリッパ!
これが欲しかったんだ~。 その理由はまた今度ね。

それと、


CIMG9032.jpg



文明堂のカステラどら焼き!


日本のふわふわスポンジとアンコが食べたくて食べたくて、夜も眠れないくらいだったのが、ようやく解消されました。Rikiにちょっと味見させてあげただけで、全部1人であっという間に食べちゃった。ふふふ。すごい幸せ~!
これで当分、ふわふわお菓子の夢は見ないと思います。

さらに、生まれてくる赤ちゃんに、コムサデモードのステキな和風のお洋服をプレゼントしてもらった!


CIMG9033.jpg
スイカの柄がかわいい!




滞在は、たった2泊3日。
あまり天気に恵まれなかったけど、アクティブに動き回っていた彼女たち。

サルディーニャを楽しんでくれたかしら・・・


usagi14.gif



そうそう。
彼女たちの訪問で、大発見をしたんだけど、イタリア人の食べる量って日本人の食べる量よりはるかに多いのね。
もうこちらの食べる量に慣れてしまった私は、あまりにも4人が少量しか食べないので、「美味しくないのかな?」とか、「口に合わないのかな?」とかちょっと心配していた。

でも、その後はっと気がついた。

そうか!日本にいた頃は、きっと私もこれくらいしか食べていなかったんだ!それが今はイタリア人並に食べられる大きさの胃袋になってしまったから、体重が増えるばかりで一向に減る気配がないんだ!

ちょっとした驚き・・・。



こんなにたくさんの日本人をヴィラシミウスに迎えたことに興奮していたのか、知らないうちに私は無理をしていたらしく、彼女たちがヴィラシミウスを離れたとたんに、どっと疲れが襲ってきてそのままベッドイン。その次の日も、気温が上がる時期に必ず患う低血圧がたたって、丸一日ベッドで過ごした。

それほどうれしかったんだなぁ。自分でびっくり。

さらに別の悲劇も待っていた。
というのは、ほら、日本人の女の子ってみんなかわいいんだよね。なんていうんだろう。ファッションとかお化粧とか髪型とか、かわいい。さらに、みんなが話してるのを聞いてると、まるで小鳥が話してるみたいで、かわいいったらない。

常々、おしゃれという言葉を忘れて、めがねで過ごしている私。
でも、せっかくおしゃれな日本人の女の子が来てくれているときくらい、私も少しは・・・とがんばって3日間コンタクトレンズをしていた。それが最終日、風が強かったせいもあって、コンタクトが目に張り付いてしまい、なんと夜には左目が真っ赤に! もちろんヴィラシミウスに眼科医なんかいない。・・・これは、根気よく治していかないと・・・。






次は誰がこの田舎の町に遊びに来てくれるかなぁ・・・。
やっぱり日本語が話せるっていいなぁ・・・。




ランキングに参加しています。
読み終わったら、ぽちっとクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

<< モップスリッパが欲しかった訳 | ホーム | 胎動が変わった >>


コメント

目は良くなりましたか~~??
身重の中、色々お世話掛けてしまって。。。すみませんでした。
ありがとうございました!
お陰様で、楽しんで旅が出来ました。
子豚は残念でしたが、次回の楽しみに取っておきます、ね!!
お土産のお菓子は、やはりすぐ食べちゃいましたか(笑)。そう予測してたので(笑)、あまり数を買わなかったのですが、よかった~f^_^;)
体調万全で、元気にベイビー産んで下さいね!では、see you soon....

りんご ちゃん

目は、まだ赤いし痛い。だって、「カモミールエキス入りの目薬」ってやつしか手に入らなかったんだよね。やはり年とともに無理はできなくなってきた。
りんごちゃんが来てくれた時より、明らかにお腹が大きくなってるよ。痛いくらい動き回ってるので、元気な赤ちゃんなのは間違いないと思うよ。あとすこしの妊婦生活、楽しむわ~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


まとめtyaiました【4 Japanese girls in Villasimius !】

こんなサルディーニャの僻地に、日本からSちゃんとその仕事仲間の、合計4人が遊びに来てくれた!私がまだ20代前半のペーペー社員だった頃、Sちゃんは大学生のバイトで入ってきて、その頃からのお友達。みんなステキな「女性」なんだけど、どうしても「女の子」と言ってし?...


-

管理人の承認後に表示されます


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。