プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

注射恐怖症

うちのRikiさん。一見とっても男っぽい。

イメージとしては、坂本竜馬の有名なあの写真。
渋ーい顔をして眉間に皺を寄せて口をぐっとへの字に曲げて、風に向かって立っている武士のようなイメージ。(ただ単にいつもムヅカシイ顔をしているだけとも言う)

とにかく、イタリア人なのに、どうしてもそんな例えがぴったりな男なのだ。

                                      坂本リキ
10 03 02
イタリアの未来でも見据えているか

若かりしころ、酔っ払いに絡まれナイフで切りつけられたので応戦し、その時の傷が未だにうなじに残っている、というような武勇伝(どこまで本当かさえ怪しい)も持っている。「ナイフだったら怖くない。手のひらで握って止めることだってできる」と言っている。この男にもマフィアの血が流れてるのか・・・? それとも007並みの屈強な男だったのか?? って思うでしょ? (←お付き合いありがとうございます)

ノー、ノー。 そんなはずがあるわけなーい。

Rikiは明日、健康診断を受けに行く。
血液検査を受けなければならないので、今からドキドキしているのだ。

「注射怖いなー。あーやだなー、やだやだ。」 

予約しに行った時、血液検査で小さな試験管5本分くらい血を抜かれる事を事前に聞かされてしまったので、もう大変。今から緊張。居ても立っても居られないらしい。

「何が怖いって、注射ほど怖いものはない」そうな。
極度の先端恐怖症ってやつね。

大の大人が、それもRikiのような何事にも動じないイメージの男性が、「注射が怖い」ってソワソワしてるのって、何だかカワイイなぁって思っちゃうのは私だけ?(←バカでごめん)

頬がこけるほど疲れていたとき、「ヤクやってるんじゃないのか」って常連さんに冗談を言われたら、「注射が怖い人間が、麻薬なんかやれるか。あんなの、大金積まれてもやらない」とあっさり切り返していた。もう恥ずかしいとかそんな感覚はないらしい。

とにかく、注射が怖いのよ。プププ。




読み終わったら、
注射がんばってねのクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

<< 注射の後はダイエット | ホーム | イタリアの雛あられ >>


コメント

わー、似合わないー!(←失礼・・・)
一見、注射なんて全然平気そうなイメージなんですけどねぇ。
注射嫌いの人が、一気に試験管5本とかは恐怖でしょうね。。。
無事に健康診断が終わりますよーに!

やっぱり、似合わないよね(笑)。このギャップがおもしろいんだよねー。こんな絶好のチャンスはないので、今のうちいっぱいいじめておこうと思います。

注射嫌いで、しかも今からソワソワしちゃうなんて
かわい~(笑)
普段怖いものがなさそうな人だとなおさらギャップが
面白いね。きっと血を抜いている間、首の筋が違える
ぐらい顔をそむけるのかもね☆

☆ちゃん☆

もうね、白衣さえ直視できないんだって。怖いから(笑)。
人は見かけによらないわね。

そうそう、☆ちゃん☆のMixiにブログ更新したってあったけど、ブログのURL教えてちょうだいな。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。