プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアの雛あられ

ここでは桃の花も咲いてないけど、年に一度の桃の節句。
せっかく私も女の子だし(←え)、ちょっと華やかな気分になりたいと思い、あれを入手することに。

ケーキ屋さんやスーパーマーケットでも売ってるけど、私が欲しいあれは、そう簡単には手に入らない。前々から手を回しておく必要があるのだ。

                                これが噂の「あれ」
10 03 03
ビアンキー二(Bianchini)

なかなか、カラフルでかわいいでしょ? 
ビアンキーニは、メレンゲを低温で焼いた甘ーいお菓子なんだけど、このビアンキーニはちょっと違う。

Rikiの親友のお母様が作る、このビアンキーニはとにかくおいしい! 
まろやかでコクがあって、一度この味を知ってしまったら、他のビアンキーニがただ甘いだけに感じられて食べられなくなってしまったのだ! 

このお母様は、何でも自分で作ってしまう郷土料理のエキスパート。
「いつでも料理を教えるわよ」と言って下さっているけれど、かなりのご高齢で体調が優れない日が多く、なかなかお邪魔することができない。こんな調子だから、すごく前から「ビアンキーニ食べたいなー」と言っておかないと作ってもらえないのだ。

こんなかわいいお菓子を山盛りにして飾っておくだけで、雛あられをみているような、お雛様だなって気分になるでしょ?

こんなにいっぱい作ってもらったのに、あっという間になくなってしまったのは言うまでもない。もちろん私一人で食べましたとも。




読み終わったら、
私も食べたーい!のクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

<< 注射恐怖症 | ホーム | サルディーニャにもサーファーが! >>


コメント

ビアンキーニって言うのね、これ。
初めて知った。

アマーイだけの、ビアンキーニしか食べた事なーい!
美味しい、おばあちゃんのビアンキーニ食べてみターイ!

これはねー、普通は手に入らない味よ。このお母様しか出せない味だわ。食べさせてあげたいけどムズカシイー!

私もパブロバとかメレンゲ系のお菓子は甘すぎて得意ではないけど、コクがあってとか言われると食べたくなりますな。いいなぁ~。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

チビみ

そうなの。私も「このお菓子、甘すぎておいしくない」って思ってたんだよね。でもやっぱり年季の入ったお母さんの手作りお菓子と市販のじゃ比べ物にならんよね。

KazWaka

日本のひな祭りも、やっぱりいいよね。ちらし寿司とか食べたーい!「初」は、力が入るよね。すごいなあ、しっかりママしてるわ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。