プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カタツムリと言えば

カタツムリといえば、忘れられない出来事がある。

雨がしとしと降り始めたある夕方のこと。ホテル横の空き地で目にしたのは、足の踏み場もないほどのカタツムリ!あまりの数に後戻りすることもできずに、その場でキャーキャー騒いでいたら、Rikiが「今行くから動くなよ!」と叫んでいる。

駆けつけた彼の手には、なんと懐中電灯とビニール袋。「足元に気をつけろよ。踏み潰すなよ」って・・・助けに来てくれるのではなかった・・・。

RikiとRikiの友達が、子どものように目を輝かせてカタツムリを捕まえはじめ、ほんの数分で袋いっぱいになったカタツムリを手に、「これで1食分には充分だな!」・・・・って、食べるつもり!? 

10 02 05 no1


カタツムリは、ちょっと大きなスーパーに行けば普通に売っている食材だけど、ここらへんの人は雨が降るたびにカタツムリ狩りに出かけ、捕まえてきたカタツムリに1週間ほどPoohをさせてから、ソース和えにしたり炒めたりして食べてしまうらしい。

私たちも、料理上手で有名な友達のお母さんにお願いして、ピリ辛トマトソースで料理してもらった。

10 02 05 no2


恐る恐る食べてみたら、確かにおいしかった。レストランで食べるエスカルゴと一緒だった。ただ、カタツムリの残したいっぱいのPoohが脳裏に焼きついて、心から楽しむことはできなかったな。

後日、立てかけたまな板の後ろから、逃げたカタツムリを1匹発見。

10 02 05 no3


せっかく生き延びたんだからと、あの空き地に戻してあげた。
雨が降ったからって、喜んで出てきちゃ捕まっちゃうよ。




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

<< タコ捕っちゃった | ホーム | かたつむり >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。