プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホスピタリティーSHOW

毎年春になると、カリアリで催される「Hospitando Sardegna」というショーの招待状が届く。

これは、ホテルやレストラン、バー、その他色々なホスピタリティービジネスに関係する、年に一度の業者向けのショーである。


                measureing_cup.gif



カリアリに向けクネクネ海岸線に車を走らせていると、ヤギのご一行横断に出くわし一時停止。これでも一応、ヴィラシミウス・カリアリ間の主要幹線道路である。

10 03 22 no1
車なんて全く気にならないみたい

天気もいいし、海は穏やかで、なかなか気持ちのいいドライブを楽しみ、お腹がすき始めた頃に到着。

Rikiの目的は、ホテルとグリルレストラン用の設備。すべて1,000ユーロ(12万円)単位の商品ばかり。中には20,000ユーロ(240万円)もの見積もりになったものまであって、目が点である。今年はもちろんあきらめていただいた。

10 03 22 no4
調理設備や内装のコーナー

反して、私は食べ物のコーナーが一番の目的。なかなか手に入らない、中央サルディーニャの郷土料理の材料が手に入るのだ。なじみの業者さんもたくさんブースを出していて、私たちを見つけると、これを持ってけ、これを試食して行けと、色々と出してくれる。すでに、前菜から、プリモ、セコンド、デザートから食後酒まで、フルコースで試食したのであった。


                 turner.gif


最後に私は、中央サルディーニャの小さなファクトリーから来たおばちゃんの実演に釘付け。

10 03 22 no2

このおばちゃんが作っているのは、サルディーニャの伝統パスタのひとつ、クルジョーニス(Cullurgiones)という、ジャガイモとミントの具を餃子のように包み込んだ、大ぶりのパスタ。慣れた手つきで、餃子よりも細かいヒダを作っていく。

10 03 22 no3
このトレー一面につくり終えるまで見届けました

長々と見入る 怪しい 熱心な日本人に感激したおばちゃんは、手作りカズ・アジェル(Casu Ageru)という羊とヤギのヨーグルトみたいなフレッシュチーズを、一パックプレゼントしてくれた。

これでさっさと立ち去ってね、と言いたかったのではない事を祈ろう。

残念ながら、このクルジョーニスはこの後のクッキング・デモンストレーションに使うとのことで、分けてもらえなかった・・・残念。(←欲張りすぎ)


                 wirewhip.gif


家に帰り、早速夕食にカズ・アジェルをいただいた。
Rikiが「味が濃いから気をつけて」と言う。

気をつけて?

確かに癖のあるチーズだけど、たまーにスーパーから買ってきて食べてるから、そんな驚かないと思うんだけど。

と、一口食べたら、味が きつっ! 
スプーン一さじしか食べられなかった・・・。

恐るべし。中央サルディーニャの秘伝の技。





ランキングに参加しています。
読み終わったら、応援のクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
スポンサーサイト

<< 珍しい食べ物 | ホーム | Barの模様替え >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。