プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タコ捕っちゃった

オフシーズンは、月曜日が定休日。

昨日もゆっくりとベッドから抜け出したら、すでに朝10時。
真っ青な空が広がっていて気持ちがいいので、Rikiと一緒にポートまで散歩しに行った。

車から降りて歩き始めたとたん、ピーンと予感が!

「今日は、タコを見つける気がする!」

ほんとに。ほんとに。そんな予感がしたんだって。

こんなに自信を持って宣言してるのに、「あー、はいはい・・・」と聞く耳を持たないRiki。そんな彼を横目に、車に常備されているタコ捕り用の釣り糸を手に、水際に目を凝らしながらゆっくり歩き始めた。ら!! ほんの10m進んだか進まないかのうちに、水底に怪しく横たわるものを発見!

今までポートで見つけたタコの中では最大級。これは絶対に逃すことはできないので、Rikiに捕獲を依頼。彼も久しぶりの大物に興奮気味。桟橋に腹ばいになってタコ捕獲作戦を開始。

タコ釣りって以外に簡単で、釣り糸の先に針と何か白いものがついていればOK。この白いものをタコの目の前に落とすと、タコはすぐに寄ってきて白いものの上に覆いかぶさる。そこを一気に引き上げれば捕獲完了!

このタコ、予想以上に重く、なかなか引き上げることができずに悪戦苦闘していると、ポートで働くおじさんたちの野次馬の輪が。ようやく引き上げたら喜びの歓声が! 

町に戻っていろんな人に見せびらかしてからホテルに帰り、すでに瀕死のタコを計ってみたら、なんと3.6Kg!! 

10 02 07 no1 a


実は、釣りバカなRikiよりも、私の方が大物を捕まえる確率の高いのだ(嬉)。

このタコは、食べることには命を懸ける!が信条の友達の一声で、明日のGianniの誕生日にみんなに振舞われることが決まった。



注 : この話はノンフィクションです。ほんとだって。




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

<< たこサラダ | ホーム | カタツムリと言えば >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。