プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うにパスタ

カリアリには、有名なポエット(Poetto)というビーチがある。

そのビーチ沿いには、ウニを食べさせてくれる小さなテントが並んでいて、さらにウニのお持ち帰りもできる。

2カップもウニを買ってきたアンジェロが、ランチを一緒に食べようとやってきた。さらに作ってくれるなんて、名前の通り、私の天使だわ。


                 pan.gif



ここのウニの身は細長く、日本のもののようにムッチリしていない。さらに水っぽい。
このウニにオイルを加え、塊をつぶしクリーミーにしてから、

10 03 24 no10

パスタに投入。

シンプルだけど、ちょっとの塩加減とかオイル加減が重要な料理。

10 03 24 no11



                 turner.gif



今日もバーは営業中。
営業中でお客様もいるのに、バーの端っこで宴会気分。

10 03 24 no13




こんなノンキに仕事をするなんて、日本じゃありえないよね。

                 measureing_cup.gif



うにパスタと一緒に写真をとったこの本。

10 03 24 no12

カリアリの空港内に売っていたと、アンジェロが見せてくれた本。
色んな日本の食材や調味料がイタリア語で説明されてて、なかなかよかった。
今度空港に行ったら、買ってみようかな。






ランキングに参加しています。
読み終わったら、応援のクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
スポンサーサイト

<< 久々に日本人同士 | ホーム | 珍しい食べ物 >>


コメント

文化の違い?(笑
でもなんだか良いなぁ~。宴会気分♪
B&Bの方のホームページ先日見ちゃいました~。
あ~もなおさんが居なかったら・・・行きたい(笑
なんてちょっぴり思ってしまいましたよ!
ワンコを迎えてから海外旅行とは疎遠で(汗
でもとっても素敵なところですね~♪

↓のウサギ肉どんな味か気になる~(笑

キャー、美味しそうーv-10
日本ではありえない光景で、羨ましいです!

日本ってセカセカしすぎですよねぇー。
毎日を楽しむv-219大事ですねー。

きなママさま

わんこも簡単に飛行機に乗って一緒に旅行に来れたら、本当に楽しいだろうにって、私も何度思ったことか。わんこと海で遊ぶの最高ですよね。あ、M君は水にあんまり入りたがらないんでしたっけ!でも、ここの海で泳いだあと、どんなわんこでも毛がしなやかふわふわになるんですよ!

いつかほんとにM君と遊びに来てくださったらいいなァ。M君、拉致しちゃうかも(笑)。

野生のウサギの肉は、カンガルーの肉とか、カンガルーのビーフジャーキーのような味がしますよ。ちょっと癖が強すぎなんですよ。

りんごちゃん

ここに住むようになってから、つくづく日本じゃもう二度と働けないなァって思うよ。イタリア人は、人生を楽しむ天才だから、日本人にその感覚を分けてあげたいって思う。

そして逆に、日本人の勤勉さとか正確さとかまじめさとか、そういう感覚をイタリア人に学んで欲しい(笑)。私のツメの垢さえ飲ませてやりたいって思うことが毎日たまにあるよ。

おいしそーーーーうにパスタ。
是非、是非食べてみたい。
マレーシアに来て以来、いくつかの島に休暇へ行ったのですが、シュノーケリングをすると、透明度の高い海には沢山のウニがいます。
こちらの人はウニを食べる習慣がないので、誰もとらないのです。。。
もし、帰国前に島へ行く機会があったら、オイルとパスタ持参でいきます。

ウニといえば、なぜか横須賀の海を思い出す私です。

いづみちゃん

ウニって、きっとどんな種類のウニでも食べれると思うんですよ。だって、オーストラリアで見つけた、重さが1キロ以上大きさが直径30センチくらいあるウニも食べられたし、小さな真っ赤なウニも食べられたし。

マレーシアのウニだって、きっと食べれると思うのに、もったいないなァ。

もう少し海の水が温かくなったら、ここらへんでもウニ捕りをしに行きいます。そして、イタリア人はオイルとパンと白ワインを持って行き、その場で宴会です。一緒に行きたいですね!

私も、ウニ捕りをしに行くと必ずTさんを思い出します(笑)。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。