プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たこサラダ

今日はGianniの誕生日。
彼の希望で、テーマは「海の幸」で少人数でディナーをしようということになった。

私たちは、昨日捕まえた3.6Kgのタコで、新鮮ぷりぷりの「insalata di polpo(タコサラダ)」を作って持参することにした。

まずは、「食べることには命を懸ける!」が信条のわれらがシェフ、その名もアンジェロに指示を仰ぎ、特大の深鍋にお湯を沸かし、塩をたっぷり入れて、そこにタコを投入。日本のように、タコを塩で揉んでヌルヌルを取ったりしないのね。そのまま約1時間ぐつぐつと煮込み、竹串がタコの足にすっと刺さってすっと抜けるくらいになればOK。

この先は、Rikiが「自分モード」で調理開始。このタコを氷水に上げ急激に冷まし、ぶつ切りに。ここに、にんにく・たまねぎ・パセリのみじん切り、オリーブオイル、バルサミコ酢、白ワイン、チリ、塩、コショウで味付けをして、さらに冷蔵庫で味をなじませれば出来上がり! 全長1mはあるかと思われたタコも、深鍋から取り出した時にはちーっちゃくなってたけど、結局大きな器にたっぷりと出来上がった。

早速、タコサラダと1.5ℓの特大スプマンテ(発泡ワイン)を持ってGianni宅へ。10人ほどがそれぞれ海の幸を持ち寄って、豪華なディナーになった。50cm超え特大ムジナのグリルとか、サーモンの塩焼き(これはうれしい!)、特大モンゴウイカのトマトソース和えとか、もう明日にはエラ呼吸してるんじゃないかって言うくらい魚づくし。みんな気持ちよく酔って、イタリア人特有の「面白い話」の披露大会が始まって、やがてカラオケしたり踊ったり。楽しい誕生日パーティーだったな。

10 02 09


あまりにはしゃぎすぎて、肝心のタコサラダの写真を取るのを忘れてしまった・・・。
不覚なり・・・。

ま、私たちのタコサラダはとってもやわらかく、味も好評で完食したので、よかったよかった。




にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

<< 北風ビュービュー | ホーム | タコ捕っちゃった >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。