プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地中海独特の壁の色

サルディーニャの州の法律で、海岸から2Km以内の土地に新しく建物を建築できないことになっているそうだ。今のシンダコ(州知事)が変わらない限り、この厄介な法律に苦しまなくてはならないヴィラシミウスの人々。

というのは、ヴィラシミウスの半分は、ヒョローンと突き出た半島にあるので半島全域海岸から2Km以内。さらに、半島から離れても平地が少なく、山のほとんどは岩でできているので、とにかく土地があまりないのが現状で、土地の高騰は大都会なみ。


                 tea2[1]



そんな中、少ない土地にたくさんの家を建てようと、ちょっとした丘の上にキノコのように新しい住宅郡の開発が進んでいる。

その中に、私好みのかわいいおうちのカタマリを発見。

10 04 08 no3

上の3つの家、壁が石で装飾されて、白い窓枠が映えて、小さくてステキなキノコハウスじゃない? 

ここらへんには、なんともいえない薄ピンクに塗られた家が多い。このちょっとオレンジがかった薄いピンクって、地中海建築の独特の色なんだって。


                 tea4[1]



去年、私たちのホテルの外壁塗装をした。
本当は私たちのホテルの色も、こういう地中海ピンクにしたかったのよ。ところがどっこい、茶色というかオレンジというか、なんともあまりうれしくない色になっちゃったんだよね。

少なくとも、この壁であと10年はやっていかないと行けない。

身も心も地中海色に染まるには、まだまだ時間がかかるようだ。




                 tea3[1]




さてさて、このキノコハウス。
買えるはずもないのに、気になる値段を不動産屋に問い合わせてみた。
3LDKに犬のトイレにはなりそうな小さな庭がついている。


さて、いくらだ?








なんと、300,000ユーロ(3千600万円)なり。

チーン。





うそでしょ~!!







ランキングに参加しています。
読み終わったら、応援のクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
スポンサーサイト

<< アホの集い | ホーム | ベルルスコーニ首相のワイン >>


コメント

確かに。地中海は白い壁が多いけどサルデーニャオレンジやピンク+クリーム色の壁が多かった気がします。
特に壁画の街、オルゴソロ?に向かう途中、道に迷い、車通れるか否やという細道に入ってしまったトキにあった美しいオレンジ色の家は忘れられません。

まゆみぼんさま

シドニーに住んでいたとき、白い壁にオレンジの屋根の家がほとんどで、ステキだと思っていました。
で、うちのホテルもこんな風にしたいと一度言ってみたら、白い壁なんて味がない、と一蹴されてしまいました。

そうなんですかあ。
これはサルディーニャの独特の色だったんですねぇ。

シドニーは

今や平均的な家の値段は60万ドルだそうだよ。
ロトに当たるか、遺産でも転がり込んでこない限り買えない。

ゆんこさん

シドニーだったら、世界有数のステキな大都会だから納得いくんだけど、
なんでヒツジと共生しているようなド田舎でこんなに高いのか理解できん。

でも、そんなステキなシドニーに、ゆんこさん、庭付き一軒家じゃないですかっ!
羨ましい限り・・・。

私、ロトとかスクラッチ、かなりな頻度で購入してます。
毎回、祈りながら買ってます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。