プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の主戦力

今年も、グリルレストランを5月最終週にオープンさせる予定。
予定は未定。お天気しだいなんだけど。

一番気をもんでいたのが、去年一昨年と腕を振るってくれたクオコ(Cuoco・料理人)のマニュエレが、今年も戻ってきてくれるかどうか。

これは、私たちにとっては重大な問題だった。

うちのグリルレストランは、普通のイタリアンレストランとはちょっと違うコンセプトを持っているので、それをすでにわかっていてくれる彼が戻ってきてくれるって事は、もう安泰と言ってもいいほど。

 
                   papurica2[1]



今日はその彼が冬の出稼ぎ先のドイツから戻ってきて、顔を見せに来てくれた。
陽気な彼の出現で、ぱっと明るくなったバー。

うれしそうにあたりをうろつくマニュエレ。
そして、久しぶりにキッチンを見た彼の目に留まったのが・・・・


10 04 11 no3


私の割烹着(笑)。



お昼ごはんを一緒に食べることになって、彼が久しぶりに腕を振るってくれることになったんだけど、割ぽう着のまま踊りながらサラダを作ったり、

10 04 11 no1


歌いながらパスタを作ったり。

10 04 11 no2

なかなかいいキャラでしょ?


                 papurica1[1]



バーのテラスの隅っこで、いつものことだけど大ランチとなったわけ。
テーブル3つも占領して、ゲラゲラ笑いながら2時間もランチしてしまった。

10 04 11 no4


ご飯を食べながら話し合ったところ、彼は今年も喜んで戻ってきてくれると言ってくれた! 万々歳~!!


彼とペアでアイウトクオコ(キッチンハンド・調理助手兼皿洗い)をしてくれていた女の子も、戻ってきてくれる。

あと残された課題は、経験豊富なカメリエレ(Cameriere・ウェイター、ウェイトレス)と、バーを仕切ってくれるバリスタを見つけること。

誰でも、こういう仕事を経営してる人って、みんな従業員のオーガナイズに苦労してるのかしら。一番頭を悩ませて、そして一番面倒くさくて、そして一番うまくいかないのが、いいスタッフを得ることなんだよね。




あと1ヶ月もしたら、本格的シーズンの開始。
晴れた日が続いて、暑くなって、気分もウキウキの夏到来!

泣いても笑っても、本格シーズンの始まり。

9月終わりまで、定休日なし。
イコール、私とRikiには休みなし。

はぁ~・・・







ランキングに参加しています。
読み終わったら、応援のクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
スポンサーサイト

<< さよならアリアンナ | ホーム | 青空市と子ヤギの胃袋チーズ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。