プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の買い物

今日は朝寝坊していい日だったので、ゆっくりと10時過ぎに起きた。

バーに向かって歩いていく途中、

「いいねぇ~」
「最高の質だね~」

とキッチンから声がする。

こういう声が聞えてくると、もしかしてまた・・・という恐怖がよみがえる。


                  measureing_cup.gif



まさか。
2日前に大量のスキャンピをみて( →スキャンピ)、また購入欲がむくむくと出てきてしまった様子のRiki。また業者から衝動買いをしたんじゃ・・・。

恐る恐るキッチンをのぞいて見ると・・・

10 04 19 no2

なんと・・・フィレ肉のカタマリ。

何キロあるんだろう・・・。
フィレ肉をこんなカタマリで買う人、見たことないよ。

っていうかさぁ、まだシチリアの赤えびも、スキャンピも、まだ冷凍庫に眠ってるのに、どうするつもりなのかなぁ・・・。








ランキングに参加しています。
読み終わったら、応援のクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
スポンサーサイト

<< 突然の日本人訪問 | ホーム | アフリカだのアジアだの >>


コメント

見事なフィレ肉ですねー!
どうやってお料理されるのか、また楽しみ ♪

すごくシンプルな質問をしてしまいますが、
そちらのお肉はほぼすべて、イタリア産ですか?
スイスでは、スイス産のほか、
アイルランドやUSA、時にはアルゼンチンからの輸入が主流です。


Apfel さま

地元のお肉屋さんは、地元のお肉です。
私の住んでいるところが田舎だからかも知れません。

でも、レストラン用に買うお肉は、業者からまとめて買うんですけど、
それは、アイルランドとかでしたよ。

こんなにいっぱいのフィレ肉、どうやっつけましょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。