プロフィール

Sasha

Author:Sasha
2001年9月30日、オーストラリア・シドニーへ。そして、2006年10月3日からイタリア・サルディーニャ島へ移住。この島の南東端のVillasimiusという小さな町で、Bed&BreakfastとBarとGriglieriaを主人と共に経営し、かわいい男の子にも恵まれました。ところが、2016年1月に主人が他界。息子と2人で怒涛の人生を笑顔で生きています!

HOTEL BLU MARLIN

私たちのホテルのサイトです。
イタリア旅行の際は遊びにきてね!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

Clustrmaps

from 17 Febbraio 2010

Flag Counter

free counters
from 09 Marzo 2010

検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タンカ・ヴィレッジ TANKA VILLAGE

私のランニングウォーキングコースのちょうど真ん中辺にある、タンカ・ヴィレッジ( →タンカ・ヴィレッジ

10 05 06 no2
ここから正面ゲートまで100mはあります

ヴィラシミウスの人口が3000人弱。
タンカ・ヴィレッジのベッド数は2000以上。

まさに、ひとつの町を形作っていると言っていいほど大きな施設で、まるでClub Medみたいな感じなのよ。中には、複数の大きなプールがあって、プライベートビーチもあって、ショッピングセンターもあって、たくさんのエクスカージョンもあって。

何年か前の夏に一度だけ中に入ったことがあるけど、屋外ディスコテカがあって、屋外ピアノバーもあって、飲み物は目が飛び出るほど高かったなぁ。



                  grape-2[1]



ここは、このタンカ・ビレッジが2年前にオープンさせたゴルフ場。

10 05 06 no1
入り口のゲートがちょうど開いてました

それまでは、ヒツジがのんびり草を食むだけだった丘一面が、きれいに刈り込まれたコースに変身! 誰がこんな田舎までゴルフしに来るんだろうって思ってたけど、夏はもちろん、冬でも週末は結構な人数がコースを回っている。

私が通るのは、このゴルフ場と馬やポニーがいるミニ動物園の間で、色んな言語を話す人が行き来している。ここを通り過ぎるときだけ、なんだかヴィラシミウスじゃなくて別の観光都市に来てしまったような気分になる。

10 05 06 no3
ウォーキングの度に出会う馬たち

でもね、タンカのプライベートビーチは、侵入可なのよ。
お金持ちじゃなくても、お金持ちの気分が味わえる。

地元民の特権ね。







ランキングに参加しています。
読み終わったら、応援のクリックをお願いします!
   ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

人気ブログランキングへ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
スポンサーサイト

<< この花って私っぽい? | ホーム | すでに危機 >>


コメント

プライベートビーチに進入可能とは
太っ腹な気がしますが、
私達が宿泊したChiaキアのビーチも
ホテルのプライベートながら、
誰でも入ったり、散策していたようでした。
ハワイのプライベートビーチなんて、
セキュリティがゴロゴロしていたような印象が強いのですが、
それだけサルディーニャ島が平和なのですよねー♪
静かで白砂の、美しいビーチを思い出します。

Apfel さま

太っ腹と言うか、どうでもいいんだと思います。
ここはすべてにおいてそんな感じです。
よく言えば、平和ボケですよね(汗)。

いいなぁ。Chia、行ったんですか!
ここから2時間くらいで行けるのに、
私、一度も行ったことないんですよ。

Chiaもきれいだってみんな話してるから、行ってみたいなぁ~。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。